Topics

マック君15歳①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼の名前はマック君

現在15歳

年が明けたら16歳になるそうです

 

飼い主さんは偶然お仕事でお知り合いになった方です

 

わんちゃんいるなんて知らなかった~

 

 

その日は突然話しかけられしました。

 

「あの~・・・」

 

伺うと、わんちゃんが食欲なくて 老犬だけど何を食べさせてあげたらいいのか分からないとのことでした。

 

まずは、ええ(;゚Д゚) わんちゃんいたんですか!

 

 

 

食欲がない って、これはわんちゃんにとっては重要な問題。

そして飼い主さんにとっても不安で心配な結構大変な悩みです。

 

一時のことで回復したら ああ良かった・・・で終わりますが

長期間続くと 不安でフードジプシーになってしまいます。

 

その不安は愛犬に伝わります。

愛犬のためにも飼い主さんのためにも、何か食べられるものを探さなければいけません。

 

もちろん高齢になれば食が細くなります。それは人間も同じですね。

無理に食べさせようとしては余計良くないのです。

食欲が落ちていても食べたくなるようなものを見つけるのです。

 

リアルドッグフードは子犬の時代を重視しています。

子犬の頃に何を食べたかは、老犬になって食の選択肢の幅を左右すると考えています。

要は、知らない食べ物を食べたいと思わない場合があるということです。

(リアルドッグフードはちょっと強引だから、保護犬にはうめ~から食え!をやりますけどwもちろん体調不良の時にそんなことはしませんよ。)

 

マック君は基本はどうやら

ドッグフードだけだったようです。  

 

 

 

 

つづく

関連記事