Topics

余市猫多頭飼育現場 レボリューション追加の件②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

( ノ゚Д゚)おはようございます~

 

 

本日もジョイフルエーケー屯田店様にてイベント開催デス☆彡

 

2017042223

 

今日は犬のМ基金さんと一緒に開催ですよ。

譲渡会についてまだ行ったことがない人にも興味をもってもらいたいと思っています。

 

知ってもらうことが一番先です。犬のМ基金の活動について知ってほしいです。

そして、動物愛護について興味をもってもらいたいです。

当たり前の基本のことなんですけど、適正飼育についての意識改革も今後の目標ですね。

 

 

イベントへぜひいらして下さい(。・ω・。)ノ

お待ちしております!! 17時までです!!

 

 

 

U・ェ・U・ェ・U・ェ・U・ェ・U・ェ・U・ェ・U・ェ・U・ェ・U

 

IMG_3985

 

さて今日は昨日の続きを。

 

 

おばあさんのお話しから日々状況が変わっていることが分かった ところまでお話ししました。

 

IMG_3994

 

外のボスネコがキツネ(だったかな)に襲われて死んだ。

 

先日は生きてた。ケガをしているように見えたけど、捕まえられない。だから治療もしてあげられなかった。

 

そのケガが原因では死んだわけじゃないけど

 

でもきっと弱ってた。

 

 

ごめん。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3990

 

 

子猫が家の外でも中でもいっぱい産まれてる。

 

 

先日も産まれて、死んでしまったことを聞いているけど、

 

もう把握しきれない数。

 

 

出産ラッシュがきてしまっている。

 

 

 

 

 

IMG_3993

 

 

 

 

 

外で出産した子猫は6匹、すべて翌日に死んだ。

 

 

 

 

 

寒かったからしょうがない、

 

 

しょうがない  では 終われないよ

 

 

 

 

 

 

 

外には他におなかの大きい子が2匹いるらしいが、姿を見せないから

 

 

 

どこかで出産したかもしれないとのこと。

 

 

 

 

 

IMG_3986

 

 

 

改めて思う。避妊や去勢のルールについて。

 

 

 

賛否両論あると思います。どちらが正しいなんて決めつけるつもりはありません。

 

ただ、私は、現実を見てきているので、避妊去勢をするべき状況もあると思う。

 

死ななくていい命がお星さまになっていく数に耐えられない。

 

なんとあっけない終わりなんだ。

 

産まれて来たら、それはたとえ望まれていなかったとしても

 

産まれてきたからには 生きる権利くらいあるはず。

 

 

 

 

強い子しか生きられない なんて 急に自然界の掟ふうな都合のいい言葉を使って

 

終わらせないでほしい。

 

 

 

 

これは自然界で勝手におきたことじゃない。

 

 

人間が作り出した世界に巻き込まれた猫に起こっていることです。

 

 

 

 

 

 

IMG_3995

 

 

 

 

温かい家族と共にゆっくり幸せに暮らしている猫と

 

 

危険と隣り合わせで日々を精一杯生きている猫

 

 

その命の違いなんて あるんですか?

 

 

 

 

温かさも優しさも楽しさも 何にも知らないで終わってしまうなんて

 

 

そんな悲しいことはない。

 

 

だからそんな命をこれ以上作り出すことをしないように 1つも増やさないように

 

 

状況に応じて避妊去勢をしないといけないと思う。

 

 

その判断ができないようじゃ、

 

 

可愛がっているとは 言えないと思う。

 

 

IMG_3985 IMG_3984 IMG_3983 IMG_3980 IMG_3998 IMG_3995 IMG_3994 IMG_3993 IMG_3990 IMG_3986

 

 

 

 

 

次は最初にレボリューションを垂らした子に2回目のレボリューションを垂らしに行きます。

 

 

 

 

報告終わり

 

 

ブログを読んでくださってありがとうございます。

 

ご支援のお問合せは ツキネコ北海道様 または犬のМ基金へ

 

 

 

関連記事