Topics

余市多頭飼育の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目と鼻の先の出来事です。

ネコの多頭飼育の案件がでました。

現場の調査に入り、現状を把握し、崩壊はしていないが

犬のМ基金だけではとても出来ない頭数であることが分かりました。

そこで、北海DOぶつnetのメンバーのツキネコ北海道さんに相談。

協力して頂けることになり、リアルドッグフードは犬のМ基金としてこの案件に向き合っていきます。

今回で5回目の訪問。

家の中には17プラス生まれたばっかりの子猫4

外にもいっぱい もう数なんて分からない

今日はどのような計画で解決していくのかのお話

 

この案件はおばあさんの飼い主さんからのSOSでした

多頭飼育ではあるけど、お世話はなんとかやっている状況なので

まず、元気のいい子から引き出して里親さんに出していくという計画です。しかし、先日連れだした子たちはみんなエイズでした。

エイズとなると、やはり里親さんにもらわれない確率が高くなる

だから、まずは全頭エイズ検査をしないといけない

耳ダニもひどい

耳ダニはリアルドッグフードが任されました 近所だから(笑)

それにしても時間がかかりそうだ・・・

 

 

可愛そう可愛そうといっているうちに

避妊しないから キャリアのある子が産まれて

こんな頭数に・・・

 

何がかわいそうで、何が正しいのか

正解は色々あるんでしょうけど

私は、ボーダーラインを見失わないというルールを絶対に守っています

家族や親族、他人に迷惑をかけることのないように

出来る範囲を見極めているつもりです(もちろんいろんな人に助けてもらっていますが)

 

ご高齢の方の適正飼育の知識がないことが原因で多くの多頭飼育崩壊がうまれるそうです

 

おばあさんは足が悪い

でも一生懸命明るく振る舞っています

でも、どうも責任感に欠ける

お任せします ってスタイル

自分の事のようで、どこか客観的

 

私たちもツキネコさんも甘いことばかりではありません

厳しいことも言います

当たり前のことですけど

分かっていないなら言います

 

だって、全く知らない人のために

多くの時間と、大きな労力と、大金を使うんです

その全てはどこから出てくるのか分かってない

自力で稼ぐんです

何か勘違いされてる

ボランティア団体はお金を持っていると

(まぁ、もっているとこもありますけど・・・どことも言いませんけど・・・)

少なくとも、ツキネコさんも犬のМ基金も お金持ちの集まりではないんですよ

どうやって資金を集めるのかに 頭を悩ませるんです

 

犬のМ基金では 当然、食費も交通費も出ませんよ。たとえ稚内に行っても、釧路に行っても、留萌に行っても、交通費は1円も出ません。1円ももらったことありません。みんなポケットマネーです。

なぜならみなさんから頂いた大切な資金の全てを動物のために使うからです。

 

 

「息子も仕事してるから・・・」

とおっしゃるおばあさん

いやいやいや、私たち全員仕事してますから!

ほら! 字 おっきくなっちゃった(笑)

 

私たち全員、途中で抜けてきているんですよ

あなたとあなたのネコのために。

 

色々身の回りのお世話してもらっているからなのか

息子さんには相当な気を使ってる。

息子さんってゆったって、もう私の親より年上です。

 

 

息子さん、あなたのお母さんのお話しなんですよ

他人事ではないんですよ

「後は任しておけばいいや~ 勝手にやっといて 俺関係ないし」

は、ダメですね

他人事なのは 私たちですからね?

動物のレスキューは私の趣味じゃないし、

好きでやってるわけでもない

私は おばあさんの孫ではないのよ

とゆうか、きっとおばあさんの孫より若いよw

 

 

▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼

 

私はこの世界に入って、まだ日が浅い

だからイライラする(笑)

余裕が足りない(笑)

しかしながら、環境に恵まれているので 先輩方から学べる機会も多い

今回の案件でも、たっぷり吸収させて頂きました

ツキネコさん今後ともよろしくお願いいたします

 

▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼・ェ・▼

ヨッピー オス

この子がこの案件でレスキューした一匹目

非常に栄養状態が悪く

こりゃだめだ と 犬のМ基金で 引き上げてきました

エイズです

譲渡会に参加できるようになったら

参加していくと思います

現在は猫大好きの預かりボランティアさん宅で保護して頂いております

まだ通院中です

 

でも、元気になってきて  ヤバイかもしれない

からは脱したということです

良かった・・・ 生きろ!!命があれば、なんとかなるから!!

IMG_9590

IMG_9589

今後も見守って頂ければ幸いです。

 

犬のМ基金への支援については

info@m-kikin.com までお問合せ下さい。

 

 

 

関連記事