Topics

セントバーナードのソウル 大移動の巻②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保護当時セントバーナード達は、みんなリードや首輪を使用していませんでした。ですから、思うような行動はとってくれません。しかもパワーがすごいので、こっちが引きずられます。

それでもここ最近はどの子も首輪になれてきていて、リードにも徐々になれつつあるかな?と感じます。

しかし!!

ソウル君だけはそうはいきません。

多分、ソウル君が一番大きい子だと思うのですが、本気で動きません。びくともしませんね(笑)

色々あったんですよね、ここに至るまで。辛いこともあったんです。

早く人に心を開いてくれることを祈っています・・・

 

とにかく動かないソウル君を車に乗せるのも一苦労。降りるのも一苦労。

 

でも、無事に去勢手術を終え、帰宅しています。

ソウル君は麻酔の覚めが早く、ぼーーっとする時間もなく

あっという間のお目ざめでした!!

大きな問題もなく無事に終えた事にホッとしています。

 

どんどん、自分というものを出してほしいです((★・∀-)乂(・∀-★))ネ♪

 

がんばれーーーソウル!!!

img_8209

img_8211

img_8212

帰宅して、ほっと一息。頑張った(*´・ω-)b ネッ!

お疲れ様でした!!

 

img_8217

「まだなんかあるの?」というこの困り顔(笑)

大丈夫!終わったから((★・∀-)乂(・∀-★))ネ♪

こんなにおっきいのに、ハートが極小のソウルでした(´∀`)ノ

関連記事